天竜川Q&A 天竜川に関するあらゆるギモンにお答えします

ご意見ご質問はこちらへ

Q-index

天竜川について

川の状況

アユの生態

ダム関連

調査方法

再生連絡会について

その他

 今年はアユの遡上が多く、釣りもいつになく楽しめているそうですが、これはここ数年の研究や実験の成果なのでしょうか?

 今年、遡上量が多いのは西日本から北関東付近にかけての広い範囲で見られる現象です。ですので、アユが生残する気象条件が良かったことが主な理由であったと言えます。
 ただし、そのような中で、遡上量が増えなかった河川も点在しており、私の知る限り、その中には資源保護ができていない河川が多いようです。
 したがって、今年天竜川で遡上量が多いのは、これまでの漁協の取り組み(これまでのデータをもとに行った親魚保護等)によって、アユが増えやすい環境作りをしていたことで、チャンス(好適な気象条件)を活かせたと言えるのではないでしょうか。

(たかはし河川生物調査事務所代表・高橋勇夫)
(たかはし河川生物調査事務所代表・高橋勇夫)

 今年の天竜川のアユ遡上は近年になく良好です。また、上流部からの濁りの流入も少なく水況もまずまずです。
 現時点での「天竜川天然資源再生連絡会」では、天竜川の現状把握に努め、問題の解決策を検討するという段階であり、正直なところ取り組みによる成果とは申し上げられません。
 今年の様なアユ遡上や水況が来年以降も続くとは限りませんので、アユを始めとする水生生物が豊かに育まれ、流域の方々に愛され楽しまれる河川環境創造に今後も努めていきたいと考えています。

(天竜川漁協・平野国行)
(天竜川漁協・平野国行)

Copyright (c) 2017 Tenryugawa Tennenshigen Saisei Renrakukai. All Rights Reserved.