天竜川Q&A 天竜川に関するあらゆるギモンにお答えします

ご意見ご質問はこちらへ

Q-index

天竜川について

川の状況

アユの生態

ダム関連

調査方法

再生連絡会について

その他

 藻類など生物の視点が重要である理由は、河川形状や土砂対策に特化されると、目先の工事的技術による対策工事に再び陥ってしまう日本のパターンに戻ってしまう恐れがあるからだ、と思うのですが、いかがですか。

 藻類の生育状況や水生動物の生息状況についても、河床地形の変化の影響を受けた結果であることに気付く必要があります。
 河川地形や土砂対策に注目することは、むしろ本質的な自然再生技術に不可欠であると考えられます。目先の工事的技術による対策工事に陥ると懸念されていることは全くの誤解といえると考えます。

(京都大学防災研究所水資源環境研究センター准教授・竹門康弘)
(京都大学防災研究所水資源環境研究センター准教授
竹門康弘)

Copyright (c) 2017 Tenryugawa Tennenshigen Saisei Renrakukai. All Rights Reserved.